障害年金の年金額を知ろう

お金障害によって生活に支障が出た場合には、障害年金が支払われます。実際に名前を聞いたことがあるとは思いますが、実際にはいくら受け取ることが出来るかもわからなくて、気にしているという人もいるのではないでしょう。更に、計算式を見たことがあっても、実際に計算が出来ないため、いくら受け取ることが出来るかもわからないという方もいるのではないでしょうか。

障害年金の受給金額についてですが、自営業者は78万円から140万円程度になります。サラリーマンや公務員は58万円から300万円程度になります。障害年金は、障害の程度、それに職業によって受け取ることが出来る金額が変わってきます。障害の程度や職業を確認しておきましょう。障害等級は1級から3級までの3段階があります。ちなみに、障害年金は補償範囲が広いこともありますし、子の加算、障害厚生・共済年金には補償比例部分もあって、手厚く保障してくれるのです。具体的な計算をすることによって、300日のみなし計算というもののすごさもあります。普段支払っている年金ではありますが、実は受け取るにあたっては、老後の備え、死亡や障害への備えへの3つの場面にて活用できるというとても良い制度となっているのです。

この制度にて、すべての経済的な負担をカバーできるというわけではありません。社会保障、民間の保険においてもどのくらいカバーが出来るのかを確認するのが良いでしょう。この障害年金について、具体的にどのくらいかかるかについて紹介します。

≪参考サイト≫障害年金の基礎知識 |障害年金申請 手続き代行サポート 【白石社会保険労務士事務所】 全国対応


Back to Top