自営業者

自営業者の障害年金はどのくらいになるのでしょうか。自営業者などの第一号被保険者および、専業主婦といった第三号被保険者は障害基礎年金の支給を行います。この障害基礎年金は、1級から2級の2段階で支給されます。

子供障害基礎年金は、等級ごとに一律です。この加算もあります。1級では975000円、2級では780100円となります。1級障害年金は2級障害年金の1.25倍になります。子の加算額に関しては、第1子と第2子は224500円、第3子以降は各74800円となります。子の加算もあり、家族を持つ人にとってみると、とても手厚い制度になります。加算対象の子というのは、18歳到達年度の末日を経過していない子、または20歳未満にして障害等級1級、または2級の障害者のことを言います。

例えば、家族構成が妻が30歳、子供が3人だとしたら、1級障害基礎年金であれば975000円に、子供の加算が224500円の2人、残り1人の加算は74800円になります。合計すると、149800円になります。こうしたケースでは、150万円ほど受給を受けることが出来るのです。もちろん、状況によって金額は変わってきますから、その点にも注目しましょう。


Back to Top